ランキング

【鬼滅の刃】伏線未回収シーンの謎と考察まとめ!青い彼岸花や無惨の過去

漫画「鬼滅の刃」の映画化で、さらに鬼滅の刃の注目度がアップしていますね!

最終回の23巻も発売されて、さらに感動の渦が日本中で巻き起こっていますが、「ちょっと待って、、、」と思ってる人も多いのではないでしょうか。

というのも、鬼滅の刃でストーリーで重要と言われていた伏線が回収されていないものが結構あります。

そこで今回は、「【鬼滅の刃】伏線未回収シーンの謎と考察まとめ!青い彼岸花や無惨の過去」ということで、伏線未回収の謎をランキング形式でまとめてみました!

※ネタバレを含むので注意してください。

【鬼滅の刃】実写化で柱は誰が演じる?キャスト大予想ランキング大人気漫画「鬼滅の刃」が衰えを知らないですね! 映画「無限列車編」の勢いから、12月20日にフジテレビで『柱合(ちゅうごう)会議・...
【鬼滅の刃】映画化してほしい感動名シーンランキング!ネタバレあり大人気漫画「鬼滅の刃」の映画が公開され、鬼滅が再度盛り上がっていますね! ここまで盛り上がった漫画はないんじゃないかというぐらいの...

 

話題になったニュースや注目のYouTubeチャンネルなどをピックアップして紹介していきます!

今後の展開が気になるような情報もまとめていくので、是非チェックしていってくださいね!

⇒話題の週刊ニュース&注目YouTubeはこちら

鬼滅の刃には未回収の伏線がたくさん?

鬼滅の刃を最後まで読んだ方はいろいろと伏線未回収のところに納得がいかない方も多いようですね。

今後、スピンオフなどの形で、この伏線を回収してほしいのですが。。。

鬼滅最終巻の追加ページ。
正直、鬼滅最終回、本誌読んだときは「おいおいとんでも展開でついていけないぜ!」ってモヤモヤしたもんですが、単行本追加ページがあることにより、あのラストも納得出来た。
…伏線未回収は今でも悔やまれるが、本誌での最終回より納得出来た
鬼滅最終巻まで見たけど
無惨の小物感やばかったし
みんなが転生するエンドも別に炭治郎達のその後とかをたくさん描いたらよかったのに他の漫画と一味違う感じにしたかったのかあ現代に無理やり飛ばして終わらせた感があった
後でググったら未回収の伏線めっちゃあって引いたし自分はイマイチでした
鬼滅は良くも悪くも掘り下げ少なく駆け抜けた作品だから、至る所の未回収の伏線やサイドストーリー気になっちゃうマン
考察×妄想オタクだからいつもこういうの考えてる

【鬼滅の刃】伏線未回収シーンの謎と考察ランキング

では、漫画「【鬼滅の刃】伏線未回収シーンの謎と考察」役のトップ10を紹介していきます!

伏線未回収シーンの謎と考察・第10位

第10位は、新・上弦の伍の未登場という謎

考察の通り、あえて新上弦の伍は空位にしているのかもしれませんね。

新・上弦の陸として善逸の兄弟子の獪岳は登場したものの新・上弦の伍だけが完結まで一切出てこなかったし、会話にも一切なかったことが気になる。

この上弦の伍が続編への伏線にしているのか、ただただこれ以上鬼を出すと鬼殺隊の柱のだれが戦うことになるのかって理由であきらめたのかいろいろと気になる内容です。

伏線未回収シーンの謎と考察・第9位

第9位は、愈史郎と猫が鬼のままの謎

鬼のいない世界のはずなのに、愈史郎のことには一切触れていません。

禰豆子が人間に戻って、その後何かしらの薬を開発し人間に戻ったのでしょうか。。。

鬼のいない世界になるのなら、人間に戻ると思っていたので気になります。

伏線未回収シーンの謎と考察・第8位

第8位は、不死川玄弥が鬼の一部を食べると鬼化する理由と経緯の謎

兄の不死川実弥は、最初はあれだけ禰豆子を痛めつけていましたから、玄弥を完全スルーしたのが疑問。

隠していた弟への愛で目をつぶっていたのでしょうか。。。

あまり深く語られないまま、玄弥がカンタンに鬼化できてしまうのが最後までしっくりこなかったため。

禰豆子は鬼になったことでものすごく嫌悪されていたのになぜ玄弥はそこまで咎められないのか?

伏線未回収シーンの謎と考察・第7位

第7位は、日の呼吸(ヒノカミ神楽)十三ノ型についての謎

ヒノカミ神楽の十三ノ型は、技名などではなく十二ノ型全てを繰り返すことと考察している人もいますね。

漫画では縁壱さんも12の型までしか教えておらず13の型はどんな技だったのか知りたいです。

伏線未回収シーンの謎と考察・第6位

第6位は、炭治郎の父についての謎

炭治郎の父、竈門炭十郎はヒノカミ神楽を舞っていましたが、詳しいところまでは掘り下げられませんでしたね。

炭治郎の父が日の呼吸を使えた理由はわかったが、日の呼吸を使える家系だったというだけで、炭治郎はヒノカミ神楽を使えたということなのか?

結構重要なポイントだと思うので、もっと詳しく知りたかった。

縁壱との関係は結局なんだったの??

伏線未回収シーンの謎と考察・第5位

第5位は、禰豆子の人間化に関する謎

禰豆子の人間化ですが、気づいたら太陽を克服していましたよね。

無惨も、無惨の血を受け継いだ鬼も太陽を克服できなかったのに、なぜ禰豆子だけ克服できたのか。

竃戸家の歴史と無惨の過去が繋がっていたからなのかなど、回収してほしい伏線の一つですね。

1番知りたかった内容だったけど有耶無耶になってた気がします。
鬼舞辻無惨の目的として最重要だと思いますし物語として主人公はそれを知りたかったのではないの?と。戻れたら結果オーライなのかも知れませんが。

伏線未回収シーンの謎と考察・第4位

第4位は、痣に関する謎

痣の発言に関する理由が結構曖昧なまま終わってしまいました。

柱のメンバーや炭治郎は痣が出現しましたが、痣の意味をもっと深く突っ込んでくれるたら、よりストーリーも面白くなったんじゃないかと思いますね。

炭治郎に発現した痣の謎です。
はたして痣にどんな意味が込められていたのか、どのような力量が宿っていたのかいまだに謎で気になりました。
痣がいったいどんな力を秘めているのかは正直よく分からない。
強者である「柱」のほとんどが「痣」の発現者となっているのに、その概要がいまいちつかめないから。

伏線未回収シーンの謎と考察・第3位

第3位は、鬼殺隊の柱に関する謎

鬼殺隊の柱達の細かい過去のストーリーは、スピンオフで煉獄さんと甘露寺の過去が描かれただけでしょうか。

なぜ、柱のメンバーが鬼殺隊に入り、それぞれの柱達とどういう繋がりがあるのかなど、今後また描いてほしいですね。

煉獄杏寿郎と甘露寺蜜璃の師弟関係。甘露寺蜜璃がどうやって柱になったのかをスゴイ知りたい。
煉獄さんが凄い好きなので、この二人の関係がすごい気になる。
継子だった時の話をもっと知りたいし、訓練の様子をもっと見たかった。
恋してなかったのかな??甘露寺さんだったら、煉獄さんのこと好きになりそうなのに。
知りたい!!
冨岡義勇と胡蝶しのぶが一緒のシーンが多いですが、なぜ常に一緒の行動なのか、しのぶが言った「月が綺麗ですね」のセリフの背景が知りたかったです。
純粋に義勇としのぶのペアが好きだからです。
音柱の弟
新上弦の匂わせかなと思いきや、特に話以降の登場はなく残念でした。

伏線未回収シーンの謎と考察・第2位

第2位は、鬼舞辻無惨が竃戸家を襲った謎

これは本当に謎ですね。

単純に主人公の家だから襲ったという理由だけでは終わらせてほしくありません。

禰豆子が鬼になっても人を襲わなくなったこととも絡めてほしかったですね。

わざわざ無惨が出向いて襲ったのは理由があったのか、偶然だったのか気になります。
無惨が竈門家をターゲットにしなければ、炭次郎の覚醒もなかった。
襲うにしても、無惨自身ではなく、普通の鬼でも十分のはず。
なぜ無惨自身が?という疑問が残る。

禰豆子の記憶として描かれた回想シーンで「太陽を克服する鬼なぞ、簡単には作れるものではないな」と無惨が言っておりました。

1度炭治郎と遭遇した時は人間と家族のフリをしていたし、子供の姿でとあるお屋敷に養子として潜り込んだ時は調べものをする等、無惨が直接動くということはなんらかの意図があってからこそ。

いきなり山の中に住んでいる炭治郎の家族を襲った理由、きっかけがよくわかりません。

ただの気晴らし?それとも、炭治郎の家に日の呼吸の気配でも感じたのか?

あるいは、実は無惨も太陽を克服する鬼を作れないかと色んな家族を殺していた?

結局、無惨は何故あの家を選んだんだろうって未だに思っています。

竈門家はとても山奥にあるのに、なぜわざわざそこをピンポイントで襲撃したのかということ。

伏線未回収シーンの謎と考察・第1位

第1位は、鬼舞辻無惨と青い彼岸花に関する謎

鬼舞辻無惨はとうとう青い彼岸花を見つけることはできませんでしたね。

青い彼岸花は、鬼だけに発見させようとしたから難しかったのかもしれません。

うまい具合に、人間を活用すれば無惨の太陽克服も成し遂げられていたのでしょうか・・・。

無惨は青い彼岸花を探していたがどうなったのか気になるから。
人間だった頃に無惨が鬼になるきっかけとして、主治医に青い彼岸花を投与されたからとありましたが、結局それがなんで鬼になるきっかけとなったのか知りたかったです。
無惨もそれを知りたいと思いますね。
1千年生きている鬼舞辻無惨が探し求めてついに得なかった蒼い彼岸花の存在は、過去に日本の東京以外で、激しい戦いがあったことを物語っているような気がします。
無惨を鬼にして、必死になって探していた青い彼岸花が本当に実在していたのか、本当に効果があったのかというのがまったく説明されずに終わってしまったから、非常に気になります。
最終話で一応触れられてはいましたが、作中であれだけ伏線を貼ったのなら、もう少し詳しく描いても良かったのではないかと感じています。
どういう作用が働いて鬼が太陽を克服出来るようになるのか、青い彼岸花についてもう少し説得力というか説明が欲しかった。
物語の鍵を握るかと思ってたら最後の最後で何気なく出てきて、え?と思った
1000年ほど続く争いのキッカケを作った得体のしれない平安時代の善良な医者の正体って、結局なんだったのかなが謎です。
本当の悪の親玉なんじゃないって思います。しかも平安時代って言うと陰陽道が関係しているのかなって考えてしまいアナザーストレートとして今後期待が膨らみます。
鬼舞辻無惨の目的として最重要だと思いますし物語として主人公はそれを知りたかったのではないの?と。
戻れたら結果オーライなのかも知れませんが。

話題になったニュースや注目のYouTubeチャンネルなどをピックアップして紹介していきます!

今後の展開が気になるような情報もまとめていくので、是非チェックしていってくださいね!

⇒話題の週刊ニュース&注目YouTubeはこちら